中学受験で学べることは多い

「中学受験」で学ぶことは多いです。限られた時間を有効に使う意識、目標に沿って日々の生活サイクルを決める計画性など勉学以外の素養を大きく伸ばすことができる機会です。ぜひ中学受験を試して子どもに身につく体験をさせてあげましょう。

模試を活用しよう

勉強

秋からは模試の対策を始めよう

中学受験前の秋は重要な夏期講習なども終わって気が緩みがちな時期ですが、この時は親のサポート体制も重要なポイントをしっかり意識する必要があるので覚えておきましょう。

学校の成績にそこまでこだわらない

学校の成績で一喜一憂することは当たり前ですが、受験勉強にはそこまで関係ありません。目的は志望校に合格することなので、受験日の1か月前までに合格できる力を身に着けておくだけでよいので、今の成績はそれほど気にしないよう子どもに伝えましょう。

試験で結果を出すにはタイミングが大事

普段から勉強していても学力の習得度には波があります。模試の時期に子どもの学力の仕上がりをピークに持っていく事で好成績をおさめることができます。常時最高成績をとれるようにしなければならない、ということはありません。

成績を正確に分析して以降の勉強に役立てる

近年では模試の運営体制の企業努力もあって、受験後から結果の判定が出るまでのタイムラグが非常にみじかくなっています。このため子どものタイムリーな成績が把握しやすという魅力があります。また成績表にも詳細な情報が記載されているので他の受験生との間の順位や学習理解度の傾向を把握するのに重宝します。