中学受験で学べることは多い

「中学受験」で学ぶことは多いです。限られた時間を有効に使う意識、目標に沿って日々の生活サイクルを決める計画性など勉学以外の素養を大きく伸ばすことができる機会です。ぜひ中学受験を試して子どもに身につく体験をさせてあげましょう。

中学受験の心がまえ

勉強

塾選びはよく吟味しよう

中学受験は塾に通い始めたときから始まっています。もちろん受験生すべてがとはいいませんが、それでもほとんどの人が塾を利用しています。それだけアドバンテージが大きいからなのです。ここで、どんな塾に通わせることができるのか、が他の受験生と差をつける勝負所になります。

中学受験は塾だけじゃなくて習いごとも

中学受験は想像以上に子どもにかける負担が多いので、学習塾のみに固執するのではなくリフレッシュを兼ねて他に打ち込めることができるようなはけ口を用意しておくことです。またそれらの経験が受験の面接などでプラスに働くこともあります。

一度乗ったら降りられない、は勘違い

受験戦争は一度始めたらギブアップはできない!と覚悟する親御さんはたびたびみますが、受験戦争で将来すべてが決まるわけではありません。子どもにプレッシャーを与えないためにも「辛かったら止めさせればいい習い事」程度の気持ちでさせましょう。

勉強がすべてだと思い込ませない

根を詰め込みすぎて本人のキャパシティを超えてしまっているのでは、という子どもがいます。もちろん無理をしながらも努力して勉学に励むことも大切です。しかし、万が一失敗した時に大きな喪失感を味合わせてしまう場合ががあります。ですので親は「途中でやめても大丈夫だよ」と子どもに固執させないように気をつけましょう。

志望校は一つじゃダメ

この学校にしか、と学校のブランドにこだわりたがる親御さんもお見かけしますが、志望校は複数持つことが大切です。リスクを分散させておかないと子どもや親御さん自身の視野もどんどん狭くなってしますので注意しましょう。

意外と知られない第二第三志望の価値

学校によってそれぞれの特色があります。例えそれが当初の第一志望校出なかったとしても案外留学が充実していたりと入学してから気づく魅力もあるものです。ただリスクを分散させるためだけではなく子どもの努力に見合った成果として志望校を複数にしておくことは大切なことです。