中学受験で学べることは多い

「中学受験」で学ぶことは多いです。限られた時間を有効に使う意識、目標に沿って日々の生活サイクルを決める計画性など勉学以外の素養を大きく伸ばすことができる機会です。ぜひ中学受験を試して子どもに身につく体験をさせてあげましょう。

中学受験はここを見て差をつける

中学受験に必要なことは塾選びや子どものモチベーション維持に気を配ることです。世の中の親御さんはどういった点に配慮して子どもに中学受験の勉強をさせているのか見ていきましょう。

親は塾選びでここを見て決めている!

no.1

塾の年間費用を検討する

少しシビアな話題かもしれませんが、これからも進学などで子どもの学費はかかる一方です。ここで無理をして高い学習塾にいれても必ず成果に結びつくというわけでもありません。また家庭環境を敏感に感じとってしまう子どもはかえって委縮する可能性があります。塾の学習費用は不透明で把握しきるのは手間ですが「経済面や子どものことを考えるとリサーチを怠るわけにはいかない」と重視している親の多さがランキングに表れています。

no.2

塾の立地・通学には注意する

子どもが被害に遭遇する犯罪は年々堪えません。学習塾は習慣づけて通うものですので塾選びを考えるうえで通学にかかる手間や治安の良さを判断材料にすることは決して珍しくありません。そういった考えが第2位の順位に反映されています。

no.3

学校の同級生が利用していないか確認をとる

盲点になりがちなのがクラスメイトの存在です。例えば塾内で成績低下でクラス変更などにされてしまった場合、いじめの対象になったりするケースがあります。また中学受験自体もまだまだ浸透していないので目新しさで揶揄される対象にされかねません。不要なストレスにさらされないようにのびのびとした学習環境を提供するように配慮する親は多いようです。

no.4

塾の無料体験などのサービスが充実しているか

塾の雰囲気は子どもの学習意欲を支える重要なポイントです。そのため無料体験などで実際の授業の雰囲気を体験してもらって子どもの肌に合うのかどうかを検討するのは大切なことです。またそういったサービスが充実している塾ほどそれだけの実績と自信があるという裏付けでもあるので無料体験などのサービスに注目すること、その塾が信用できるかどうかの判断材料です。

no.5

塾の合格実績を鵜呑みにしない

塾の合格実績や口コミなどの評判も判断基準にすることが多いですが、そこだけで塾を決めることはできません。合格実績が全くないのも不安になりますが、一番の決め手は子どもに快適な学習環境を与えることができるかどうかです。しかし、中学受験では情報収集も重要なファクターです。志望校合格へのノウハウがあるのか、など色々な点でリサーチすることを欠かさないようにしましょう。

塾選びの秘訣

教材

塾選びに妥協はいらない

基本的に子どもの学習環境に関しては用意できる最善のもの選択するべきです。もちろん月謝など経済的に苦しい面などで断念するケースもありますが、中学受験は一般的に受験する子どもが少ない分、受験生に求められる資質が大きくなっているので合格へのハードルが高いのです。多少の無理で通るのなら子どもにベストな学習環境を提供するよう尽力することが肝要です。

続けられるかどうかがミソ

子どもの学習意欲が保てるのかどうかも大切な要素です。ただだらだらと勉強するようなら十分な学力と受験生としての自覚が身につくとは考えづらいです。優秀な塾でも子どもの肌に合わないなら再検討する必要があります。逆に目立った実績がなくても学習スタイルが子どもに適している場合があります。

塾以外での過ごし方も重要

学校での学習態度はもちろんのこと、自宅での過ごし方や長期休暇での生活習慣も重要です。意識して規則正しい生活リズムを実践するよう心がけることで受験生としての自覚を持つことができます。何気ない普段の子どもの過ごし方にも注目しましょう。

子どもにとって塾がどういう存在になるのか

学習塾という存在は子どもにとって特別な存在です。学校のようにたくさんの同年代の集団と過ごすものでなく、勉強することに専念した場所なので、子どもにとっては今までなじみのない空間に置かれことになります。「勉強を楽しむ場」「塾生同士でお互いを高め合う場」「必要なことだから仕方なく通う場」など子どもによってどう認識するのかは十人十色です。できるだけ子どもの学習意欲を焚きつけられよう努力が大切です。